大腸内視鏡検査が勧められる方

大腸内視鏡のイメージ写真
  • 便潜血反応で「陽性」と出た
    ※必ずお受けください
  • 血便が出ている
  • 便秘や下痢などの便通異常がみられる
  • 腹痛、腹部膨満感がある
  • 貧血を指摘されている
  • 顔色が悪いとよく言われる
  • 急激に体重が減少している
  • 大腸ポリープや大腸癌を治療した経験がある など

大腸内視鏡検査で発見可能な病気

  • 大腸ポリープ
  • 大腸癌
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 大腸憩室症
  • 虚血性腸炎 など

鎮静剤で検査中の苦痛を軽減

当クリニックでは、拡大機能付きのオリンパス製の次世代内視鏡装置を導入しております。
大腸内視鏡検査では、検査前に下剤を服用する必要がありますが、当クリニックには、トイレ付きの個室を2つ設けております。
そのため何度もトイレに立つことはなく、休憩室で同検査を完結できる体制にしています。

また、腹部にできるだけハリを感じることがないよう、炭酸ガス送気装置を使用しております。
それでも腹痛などが心配、検査をするにあたって不安や緊張がつきまとうという場合は、検査前に鎮静剤を投与します。

大腸内視鏡検査時の主な流れ

1.注射と鎮静剤の投与
検査前に腸の動きを止める薬を注射します。この時点で鎮静剤も投与します。
2大腸内視鏡を挿入(検査の開始)
検査時は左側を下にしてベッドで横になり、肛門から内視鏡を挿入していきます。
3.腸内を観察
主に大腸などの内腔を隅々まで観察し、病変(炎症、ただれ、腫瘍 など)の有無を確認します。必要があれば組織の採取(生検)も行います。※検査中の会話は可能です。
4.検査終了
一通り観察を終えたら検査は終了です。検査時間は個人差ありますがおおよそ20分ほどです。