予防接種とは

予防接種のイメージ写真

当院では成人向けの予防接種として、インフルエンザと肺炎球菌のワクチン接種を行っています。
そのほかのワクチン接種を希望される場合は、個別にご相談ください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザの予防対策の中で最も有効とされているのがインフルエンザワクチンの接種です。
なお同ワクチンは接種を受ける時期も重要です。
日本では例年12月~翌3月頃にインフルエンザが流行すること、同ワクチン1回の接種による持続効果期間が約5ヵ月であること、さらに接種後に効果が現れるまで約2週間要するといったことなどからスケジュールを逆算していくと毎年12月中旬頃までに接種するのが効果的と考えられています。
なお、接種後もうがいや手洗いといった予防策につきましては、怠ることがないようにしてください。

またインフルエンザウイルスは、毎年少しずつ性質を変えるので異なるタイプが流行します。
そのためインフルエンザワクチンの予防接種は毎年行う必要があります。

肺炎球菌ワクチン

肺炎を発症させる感染源となる病原体(細菌やウイルスなど)はひとつではなく、様々ありますが、なかでも成人が発症する肺炎の20~40%の原因菌と考えられているのが肺炎球菌です。

そのため肺炎球菌のワクチンを接種することで、肺炎を起こす可能性が高いとされる原因菌(肺炎球菌)による発症の予防が期待できるようになります。
また肺炎球菌に万一感染したとしても重症化のリスクが避けられるようになります。

なお、肺炎が原因で死亡される方の95%以上が65歳以上の高齢者です。
高齢者の肺炎球菌ワクチンの接種は定期接種(費用の一部助成)となっていますので、対象となる方はできるだけ受けられるようにしてください。

ちなみに肺炎球菌ワクチンは接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けるようにしてください。