ピロリ菌とは

ピロリ菌のイメージ写真

ピロリ菌(ヘリコバクタ―・ピロリ)は、主に胃の粘膜に感染する細菌で、多くは幼少期に感染が成立します。
感染経路に関しては、完全に特定されたわけではありませんが、口から感染すると考えられ、その多くはピロリ菌に感染したご両親などの大人から口移しなどによって感染する家庭内感染が指摘されています。
ピロリ菌に感染した場合ですが、直ちに何らかの症状や病気を発症するということはありません。
ただ、萎縮性胃炎を起こしやすい体質となってしまい、それが胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、胃癌といった消化器疾患につながっていきやすいと言われています。
そのため感染が確認されたら速やかに除菌治療を行うようにします。

検査について

内視鏡による検査

内視鏡による検査では、内視鏡で胃内の一部の組織を採取し、以下のいずれかによる検査を行い、感染の有無を診断します。
当院では主に迅速ウレアーゼ試験、尿素呼気試験法を用いて検査を行います。

培養法
採取した胃粘膜の組織を培養します。その後、ピロリ菌が増える否かで感染の有無を判定します。
迅速ウレアーゼ試験
ピロリ菌がもつウレアーゼの働きによって作られたアンモニアの有無を調べることで診断します。
組織鏡検法
採取した胃粘膜の組織を顕微鏡で観察し、ピロリ菌の有無を調べます。

内視鏡を使用しない検査

内視鏡を使用しないピロリ菌検査は以下の通りです。

尿素呼気試験法 尿素呼気試験法尿素呼気試験法
呼気(吐き出した息)の中に含まれる二酸化炭素の量を調べ、ピロリ菌感染の有無を判定します。
抗体測定法
尿や血液からピロリ菌に対する抗体の有無を調べる検査です。
抗原測定法
糞便中のピロリ菌抗原の有無を調べます。

治療について

ピロリ菌の感染が検査によって確認されると、除菌治療を行います。
用いられるお薬は、プロトンポンプ阻害剤という胃酸を抑える薬と2種類の抗生物質になります。これを朝夕の1日2回、1週間服用します(一次除菌)。
そして偽陰性の出現確立を減らすために、当院では約2ヵ月後に除菌判定の検査を行います。
判定の結果、除菌されていなければ、薬の種類を代えて再び除菌薬を1週間内服し、その1ヵ月後に除菌判定を行います(二次除菌)。
なおピロリ菌が除菌されたからといって、胃癌などの消化器疾患が発症しなくなるということはありません。
そのため除菌後も、定期的に内視鏡検査を受けるなどして、経過を観察するようにしています。