禁煙外来とは

禁煙のイメージ写真

禁煙外来は、現在喫煙をされている方で禁煙を希望されている方を対象とした外来です。
治療を始める前に、これまでの喫煙歴などをまずお聞きします。
そして禁煙を希望する方の現状を医師がしっかり把握してから、適切とされる禁煙補助薬を処方するようにします。

なお薬物治療を開始した後も、その効果や身体の状態などを医師が確認する必要がありますので、一定の間隔で何度か通院していただくことになります。
なお通院時は経過観察のほか、生活指導を含めたアドバイスもいたします。

禁煙治療は保険適用のケースも

禁煙治療では、ある一定の条件を満たしている方については保険が適用されることがあります。
その条件を満たしているか否かは、医師が初回診察時に確認いたします。
なお健康保険の対象になる条件は、以下の通りです。保険対象外と判定されると自費診療(全額自己負担)となりますが、同様の禁煙治療が受けられます。

  • ニコチン依存症を診断するテスト(TDS:Tobacco Dependence Screener)で5点以上
  • 35歳以上の方でブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上(例えば、25歳から1日15本喫煙している45歳の人なら、15(本)×20(年)=300であり、対象となります)
  • すぐに禁煙したいと考えていること
  • 医師から受けた禁煙治療の説明に同意し、説明内容に納得された時は、文書で同意(サイン等)すること

禁煙補助薬に関して

当クリニックでは禁煙補助薬として、ニコチンが含まれない内服薬でドーパミンを少量放出させていくことで、ニコチン切れによるイライラ感を軽減させる効果が期待でき、これを服用することでタバコを吸ってもおいしく感じなくなるチャンピックスを医師が処方します。